Science Advances誌に発表した成果が国内外の複数のメディアで報道されました。

髙橋晋教授と井出助教が参画し、名古屋大学と共同して実施した渡り鳥の脳活動に関する成果が国内外の複数のメディアで報道されました。


[メディア報道]

2022/2/5 「渡り鳥脳内に“コンパス”細胞 北向きで活発に活動」テレビ朝日ANN news https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000243934.html

2022/2/6 "オオミズナギドリ旅の仕組みに迫る 渡り鳥 脳に「コンパス」同大チーム神経細胞発見", 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20220203/k00/00m/040/131000c

2022/2/9 "渡り鳥、脳内に「コンパス」…幼鳥、北向きで細胞活発化 同志社大など研究", 読売新聞(関西発 )https://www.yomiuri.co.jp/local/kansai/news/20220209-OYO1T50014/

2022/2/11 "北を好む 渡り鳥脳内にコンパス細胞あり 同志社大と名大が発見",科学新聞 https://sci-news.co.jp/topics/5930/

2022/2/28 "渡り鳥が正確に飛べるのは「コンパス細胞」のおかげ 同志社大学が研究成果", 京都新聞   https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/738987                                                      


その他に、国内外のオンラインニュースなどで紹介されました(国内向け25件、海外向け12件)